出会い系サイト利用体験【30代女性】

Pocket
LINEで送る

私が真剣に婚活を始めたのは32歳の頃。

20代の頃から結婚に対する憧れが強くて、いつかきっと自分にも素敵な出会いがあるんだと信じて過ごしてきました。

学生の時にも社会人になってからもコンパなんかには積極的に参加して、それがきっかけで何度か交際にも至りました。

でも結局、結婚につながるような出会いはないまま、20代を終えようとしていました。

三十路を前にした私は焦りはじめ、というより親をはじめとした周りが非常に焦りだして、お見合いを勧められるようになってしまいました。

それで何度かお見合いをしたんですが、その頃はまだ真剣に結婚を考えているのではなく、周りがうるさいからお見合いをしていただけなので、そんな雰囲気を見抜いて向うからお断りされることもありました。

 

20代にお別れして2年経つ頃には友人の結婚式に出席することにも慣れていました。

そんなある日、私と同じく売れ残りの友人がインターネットで知り合った彼と結婚すると言う報告を聞きました。

「インターネットで知り合った人と!?」と思わず聞き返してしまいました。

インターネットでの出会いっていうと、どうしてもうさん臭いとか危険なイメージしかなかったので、その友人のことが心配で心配で。

でも、実際にその彼に会わせてもらって、私の考えはすっかり変わってしまいました。

 

友人の結婚相手は、なんと弁護士。

顔もまあまあで、何より誠実さと優しさがにじみ出ている、そんな、男性だったんです。

その彼は雰囲気もすごく優しく会話も楽しい人と言う印象で、正直言って、友人のことがうらやましく、とても悔しい気持ちになりました。

でも、こんな男性と出会う事ができるのなら、ネットの利用もありかなあって思うようになってたんです。

友人の中で自分だけがネットで結婚相手を見つけているようでは、少し恥ずかしい気持ちもありましたが、先に友人がネットを利用して結婚した事実があれば、恥ずかしいという気持ちも薄れていました。

 

そして、私もすぐに友人と同じ出会い系サイトに登録してみる事にしたのです。

そういう世界とは縁がなかったので、料金のことなどまったく知らなかったんですが、女性は登録も利用も完全に無料なんです。

サイトへの登録は友人に手取り足取り教えてもらいながら進めていきました。

途中、免許証の写真を送らなくてはいけないところがありましたが、名前や住所、生年月日、顔写真なんかは全部紙で隠してもよかったので安心して写真を撮って送りました。

電話番号の登録にも少し抵抗がありましたけど、友人はそれで変な電話がかかってきたことはないと言うので登録しました。
実際、電話番号を登録したことで不快な思いはまったくありませんでした。

 

会員登録が完了してプロフィールも十分に記載し終わって、一夜明けると男性からのメールがびっくりするほど届いてました。

女性は無料ですけど、男性は有料なので皆さん本気モードです。

男性の皆さんはメールを送るにも1通あたり数十円の料金がかかるので、こちらも誠実に返信しました。

それまでは味気ない生活を送っていたんですが、サイトに登録して以降は男性とのメールのやりとりがとても楽しくて、本当にいきいきした毎日を送れるようになったんです。

 

そして、何度もメールのやりとりを重ねたうえで、意中の男性と初デートの約束をして、結婚を前提とした交際を始めることができたんです。

三十路を超えた私でも、本気で出会い系サイトを利用する事でほんとに素敵な男性に出会う事ができました。

頼りがいがあって、思いやりもあって、生涯のパートナーとして一緒に人生を歩んでいきたいと思える男性です。

こんなにいい出会いがあるなら、もっと早くにネットの世界に出会いを求めておけばよかった。

そうすれば無駄なお見合いもしなくて済んだし、友人たちに先を越されることもなかったのに、と少し悔やんでいます。

 

でも今は、たぶん誰よりも幸せです!

 

 

 

▶️ 出会い系サイトの選び方【目的別】

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

▲トップへ戻る